2018年秋ドラマ

『獣になれない私たち』第3話のネタバレと感想!京谷と呉羽がまさかのキス!?

投稿日:

獣になれない私たち

©Nippon Television Network Corporation

2018年10月24日(水)に日テレで放送された『獣になれない私たち』第3話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『獣になれない私たち』第3話のみんなの感想を知りたい!」
「『獣になれない私たち』第3話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『けもなれ』第3話では、呉羽が京谷にいきなりキスをしてドキドキでしたね!晶にバレたらどうなることやら…。
スポンサーリンク

 

『獣になれない私たち』第3話のあらすじネタバレ

みんなそれぞれややこしい事情を抱えている。

恒星(松田龍平)は女にチャラい男のようでいて、実は行方不明の兄の借金のために300万円で粉飾決算を引き受けているが、そんな自分が嫌いで、札束をゴミ箱に投げ込んでしまう。

京谷(田中圭)はいつまでも自分の家に引きこもっている元彼女・朱里(黒木華)に思い切って就職と引っ越しの期限を切ったため、朱里にキレられ、晶(新垣結衣)の家に転がり込んだ。

晶は職場でゴテゴテの「特別チーフクリエイター」の肩書をもらったが、つまりは合法的に仕事を押し付けられただけで、ストレスは減らない。

はっきり意見を言えない自分を変えるために、思い切って戦闘力の高そうな服をそろえようと、呉羽(菊地凛子)のショップに行き、なぜか呉羽と恒星のなれそめと別れた理由を聞いてしまう。

刺激を受けた晶は、試しに京谷に部下の筧(吉村界人)に告白されたことを話してゆさぶりをかけようとするが、むしろ朱里が京谷の母から晶に宛てた宅配便を勝手にネットオークションにかけたため、ややこしいことになる。

しかも朱里は悪びれもなくウサギまで飼いはじめ、出ていく雰囲気は感じられない。

京谷の母にどう説明するかで、晶と京谷がバーで悩んでいるのを見かねて、呉羽はつい口をはさんで、こじれさせてしまう。

晶を送るよう呉羽に命令された恒星は、呉羽のかわりに謝り、晶を慰める。

「一部はおかしいけれど全体としてはセーフ」という理論を聞かされた晶は、少し慰められ、恒星と兄の確執を聞く羽目になる。

この世で一番嫌いな兄と似た性格に見えた晶を誘ったことを恒星に説明され、「ひねくれすぎ」と言いながらも、少し心を許す晶だった。

「今はそんなに嫌いじゃないよ」と言われ、笑顔で別れる2人。
一方、呉羽に送られながら愚痴を語っていた京谷は、何故か呉羽からキスされてしまう。

新たな事態の幕開けだった。

電車のホームについて「なんかついとびこんじゃいそうで怖い」という話題が、とっても身近でリアルで怖かったです。

しかも松田龍平の淡々とした口調で言われてしまうと説得力があって、これからホームにたつたびに、頭に浮かんできそうです。

人間関係って、うまくいかないんだな、って思います。

事情のある人たちが出会って化学反応のように事態が動くのは当たり前ですが、晶と京谷の関係はこじれにこじれていると思います。

やはり晶はほかにいい人を探すべきで、この際恒星でも、職場のSEの佐久間でも良いのではないでしょうか。

しかしむしろ京谷が呉羽と浮気する方向になったようなので、晶のために怒ってあげたい気分です。

『獣になれない私たち』第3話を見た視聴者からのネタバレ・感想

「5tap」のオーナーの斎藤が「好みなんじゃないの?」と鋭い質問でした。

恒星の誘った理由が女性と言うより人としてどう?と疑問に感じてしまいましたが兄の為にしたことが感謝されるならまだ違ったんだろうけど恨まれたことで「嫌い」以上にトラウマとして心に刻まれてるんだろうと思いました。

話は晶が戻しましたが「棒に振る」が気になりました。

呉羽の表現力が単純そうで超難しく、考えれば考えるほどに答えが違うような感じです。

朱里の存在感が徐々に大きくなってきてますね。京谷の母の千春のメッセージがあるのに大胆。

京谷も「開けるなって言ったろ」で済ますのが優しいとこなんでしょうが京谷と晶の話合いに呉羽の「二股と同じこと」の言葉はズバッとしてて、私自身感じた思いだったで代弁してくれたようで好きでした。

社長、九十九のマシンガントークは凄かったです。晶に対しての丁寧語は完全に噴火してる感じでした。その後の残業する晶に佐久間のたこ焼きの差し入れは好きなシーンでした。

佐久間も晶の仕事を評価している感じだし唯一対等に聞いてあげれてる存在で、たまにこの2人のシーンはみたいな、と思いました

黄昏妻:40代女性 評価★★★★☆

キスしてしまった京谷と呉羽がその後どうなるのか気になります。

まさか一線を超えないよねとドキドキします。これ以上晶を悲しませないでほしいんですけどね。

予告では晶と恒星が抱きしめ合う、みたいなシーンがあったのでこのハグは何を意味しているのか、まさか晶と京谷は別れてしまうからなのかと色々考えてしまいました

。恒星は晶に心を開いてきている感じがするので2人の距離も近くなってるし今後の展開がとても楽しみです。

あんこ:30代女性 評価★★★★☆

長門朱里(黒木華さん)が花井京谷(田中圭さん)の宅配便を勝手に開けてしまって、しかも中身をオークションで売るという暴挙に出たため、ついに深海晶(新垣結衣さん)と京谷の関係が悪化しそうです。見て見ないふりもそろそろ限界ですよね。

そんな時に橘呉羽(菊池凜子さん)が間にはいったことでもっとややこしいことになりそうです。

あんなに不正を嫌がっていた、根元恒星(松田龍平さん)も兄の会社の粉飾決済に加担していることがわかり複雑です。

さきぽん:40代女性 評価★★★★★

相変わらず会社では社長の早口で晶を言い負かし名ばかりの仕事改善に晶はうんざりしている。

社長のしゃべりが凄すぎて何も言えなくなる。京谷は元彼女に仕事を探して出て行くように促し出て行き、晶の家にいく。

元彼女は出て行く気配は無い、出て行くどころか京谷に母から届いた宅配を勝手に開けて物色、母から晶に贈った物をネットで売るという、嫌がらせブリに酷いと思います。

母はネットで売られている事を知り、晶に何かあったのではと心配して京谷に連絡する。母は晶を酷い人と思わないのかと思った。

京谷は出て行くように言っても、どこかで優しさが出ていて元彼女には効き目がないようだ

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★☆

新垣結衣さん演じるあきらちゃんの心の葛藤が見ていて切なく、嫌、ダメ、やだとストレートに言えない日本人らしさをうまく表現しているなと思いました。

そして、松田さん演じる会計士の過去の兄弟との確執、大手の監査法人で働いていた過去など過去の闇の部分も見えました。

黒木華さん演じる田中さんの元カノの田中さんに依存して、田中さんの母親からの贈り物を自分のものではないのにオークションに出し、うさぎを飼うと言うダメさぶりも今回はかなり際立っていたなと思いました。

まこ:40代女性 評価★★★★☆

『獣になれない私たち』第3話のSNSでのみんなの反応は?

『獣になれない私たち』第3話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『獣になれない私たち』第3話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『獣になれない私たち』第3話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(10月31日21:59まで)なら、無料で『獣になれない私たち』第3話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『獣になれない私たち』第3話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『獣になれない私たち』第3話の内容ネタバレと感想になります。

第4話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『獣になれない私たち』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.