2018年秋ドラマ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のネタバレと感想!不利なパワハラ裁判で…

更新日:

リーガルV

Copyright© tv asahi All rights reserved.

2018年10月18日(木)にテレビ朝日で放送された『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『リーガルV』第2話のみんなの感想を知りたい!」
「『リーガルV』第2話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『リーガルV』第2話では、録音データがある不利なパワハラ裁判をどう覆すのかが見どころだね!
スポンサーリンク

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のあらすじ内容

大手メーカの元太陽製紙の取締役永島(斉藤)は女性初の役員として期待されていたが、やってもいないパワハラで不当解雇されたという。

訴えたのは、元部下3人で同時期だった。

もともと、会社に対して損害賠償を請求する裁判をしていたが、途中で担当弁護士が、辞めてしまったことで、京極法律事務所に弁護を頼みに来る。

損害賠償請求額が多額だったことから、小鳥遊(米倉)は事務所として、弁護を引き受けることを決める。

しかし、太陽製紙の弁護はFelix & Temma法律事務所が行うことになり、永島が部下に「飛び降りなさい!」と叫んで、暴力を振るっているような録音データーとして残っているので勝ち目はないと話す。

録音された音声は永島が部下に対して、きつい言葉で罵っているように思えたが、知的で穏やかな感じの永島からは想像できなかった。

実際に調査してみると太陽製紙の女子社員に永島の評判を聞くと、仕事に対しては厳しいが部下思いの上司でパワハラは信じられないと口にする。

予期せぬ出来事がレストランで起きた時に永島がどういう対応をするのか、実際に試してみたが永島の反応は意外にも冷静だった。

小鳥遊はこのパワハラ騒動には、何か裏があるのではないかと思っていた。

色々と情報を集めると社長と専務の派閥争いに永島が巻き込まれてしまったことが分かった。

永島は社長派で元部下たちは専務から頼まれ、ありもしないパワハラを訴えていたのだった。

また、録音データとして聞いたものは一部分だけであったことが分かった。

結局、法廷でパワハラは事実無根であることが分かり、永島は損害賠償額を支払ってもらえることになった。

弁護士資格を剥奪され、ただの管理人という立場なのに法律事務所を裏であやつっている小鳥遊から目が離せません。

弁護士を剥奪されているので弁護士としては人を救うことができないが、弁護士時代に培った知識と経験を生かして、管理人として法律事務所の人達をうまく使っているところがとても面白いと思っています。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『リーガルV』第2話を視聴した方に感想を聞いてみました!

太陽製紙の取締役だった永島美鈴がパワハラで解任され京極事務所に訪れます。企業側も優秀な弁護士事務所に依頼します。

永島美鈴がどんな人物なのだとうかと翔子がレストランで画策を行なう見事な対応でパワハラは企業側の策略だと感じます。

裁判で証人喚問を用意したがドタキャン、大手企業が昇進の代わりに偽りの証人とても勝ち目がないと思っていたが、翔子が裏で巧妙な手口で相手側の弱み作り愉快でした。

翔子の弁護側と相手側の優秀弁護団の関係も気になりました

こりょうこ:50代女性 評価★★★★☆

米倉涼子さんの魅力が加速していると思いました。

ドクターXが終わってしまってから、もうあの脚線美を見ることはないのかと諦めていましたが、これからに十分期待ができそうです。

年月を経るごとに、美しさと艶を増していらっしゃいます。

キャリアも度胸も十分の元弁護士がリーダー的存在になって、弁護士事務所の上司と部下?を使いたおす、という痛快ドラマです。

特に、若手弁護士役の林遣都さんとの「飼い主」と「ポチ」のやり取りや、ドクターXでおなじみ勝村政信さん(「ヤメ検」役)との掛け合いが、疲れた心をほっとさせてくれます。

これからも是非見続けたいドラマです。

はやはや:30代女性 評価★★★★★

ドクターXを感じさせるようなすっきりできるドラマです。

今回はパワハラ問題で裁判を行いましたが、小鳥遊翔子の仕掛け方がかっこよすぎる。

パワハラを言ったとして解雇された人を再度怒らせるような場所にわざと連れて行き、検証をする。

そして、最後は裁判に勝ちますがそれだけでは終わらないのがまた面白い。

パワハラ問題は収束したと思われていたのですが、最初から出ていたサングラスの女性。いつはっきりするのだろうとみていましたが、まさかのどんでん返し。

京極事務所にお願いしてきた、その女性こそが依然にパワハラで辞めさせていた女性でした。

最後はあやまって終わるわけではなく、なんとも煮え切らない去り方でしたが、それはそれで今の現代社会をすごく描いているなと思いました。

そして今回もかっこよかった小鳥遊翔子演じる米倉涼子さん。

マーメイドスカートが似合うのはあの人くらいなのではないかな…と惚れ惚れしながら見ていました

みなみ:20代女性 評価★★★★★

永島美鈴(斎藤由貴さん)の依頼に何か裏がありそうと、すぐにつかんだ小鳥遊翔子(米倉涼子さん)の鮮やかな返しが最高でした。

今回もお金をたくさんぶんどるために、重要な証拠を隠していてさすがです。

それにしてもまさか本当に美鈴がパワハラをしていたとは驚きました。

役員までのぼりつめた美鈴が痴情のもつれで、自分の立場をあやうくするとは、相手の女性が訴えたら確実に負けますよね。

翔子はそこを上手にもっていって報酬を受け取るずる賢さはありますが、本当に弱い人の味方なのだと思いました

みなこ:40代女性 評価★★★★★

京極法律事務所の管理人である小鳥遊が、弁護士の青島に調べさせたドラマの撮影日が間違っていたのを、トコトン責める言葉の数々はパワハラで、ドラマの最後に小鳥遊の事を調べさせた天馬が機嫌を損ねて秘書に対してワインを笑顔でかけるのもパワハラと、小鳥遊は元上司の天馬の行動を近くで見てきたのでパワハラの仕方も自然と身に付いてしまったように思いました。

パワハラで不当解雇を訴えた永島は部下の罠に引っ掛かり偽パワハラの録音データを作られ、実際に永島も女性社員にパワハラをしていたのを考えると、永島が勤めていた会社の社員たちはこれからもパワハラを続けてしまうという内容が描かれていたように思いました。

使い放題:30代女性 評価★★★★★

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のSNSでのみんなの反応は?

『リーガルV』第2話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『リーガルV』第2話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(10月25日19:00まで)なら、無料で『リーガルV』第2話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『リーガルV』第2話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話の内容ネタバレと感想になります。

『リーガルV』2話の中でちょいちょい出てきてた女性が何者か気になったけど、最後にまさかの…って感じでスッキリしなかったな~。

視聴率も上がってるし、第3話も楽しみですね!

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.