2018年秋ドラマ

『下町ロケット2』第2話のネタバレと感想!ギアゴーストが特許侵害で訴えられ…

更新日:

下町ロケット2

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

2018年10月21日(日)にTBSで放送された『下町ロケット2』第2話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『下町ロケット2』第2話のみんなの感想を知りたい!」
「『下町ロケット2』第2話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『下町ロケット2』第2話では、ギアゴーストが特許侵害で訴えられてどうなるのか…展開が気になったよね!
スポンサーリンク

 

『下町ロケット2』第2話のあらすじネタバレ

ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利した佃製作所でしたが、そのギアゴーストがケーマシナリーから特許侵害で訴えられてしまいます。

15億円の出資先を探す伊丹と島津でしたがなかなか見つからずに焦っていました。

その話を聞いた佃は顧問弁護士の神谷の元を訪れます。

神谷からクロスライセンス契約によってタダ同然でギアゴーストが手に入るかもしれないと聞いた佃は、ケーマシナリーがギアゴーストの特許侵害をしていないかを調べる作業を始めます。

そんなある日、佃はボーリング場で偶然島津に会います。島津の技術者としての情熱に感動した佃はギアゴーストを騙すような真似はしたくないと思い、クロスライセンス契約のことを伊丹と島津に正直に話します。

そして佃製作所が全面協力すると約束します。しかし、その作業は果てしなく佃製作所の従業員たちは疲労困憊していました。

そんな中、軽部と立花が投影機を使うことを思いつきます。しかし、ギアゴーストの従業員は島津の指示と違うと言って反対します。反発し合う両者ですが、島津は投影機を使った方が早い場合もあるとその方法を受け入れます。

作業効率は上がりましたが、なかなか特許侵害の部品を見つけることができません。

いよいよ最後の一つとなった時に、その部品の形がギアゴーストの物と全く同じであることがわかります。

しかし、結局素材が違ったために特許侵害にはあたりませんでした。

一方、帝国重工から至急新しいバルブを開発して欲しいと頼まれた佃はその開発に行き詰まっていました。

何度検査をしても良い数値が得られなくて途方に暮れていました。

そんな時に島津から面白い素材を扱っている町工場があると教えてもらい、その素材をバルブに試してみることにしました。

すると今までにない良い検査数値が出て無事に新しいバルブを開発することができました。

佃はバルブが開発できたのは島津のおかげであり、このままギアゴーストのことを見殺しにはできないと15億円の出資をなんとか佃製作所で出来ないかと訴えます。

初めは従業員全員が反対しますが、佃の熱意に打たれてギアゴーストへの出資を決めるのでした。

『下町ロケット2』第2話を見た視聴者からのネタバレ・感想

佃社長は、本当に立派な人だなと感じました。こんな風に仕事ができることは幸せだなとも思えました。

そして、裏切り者が一体誰なのかがとても気になりました。

佃製作所でギアゴーストを潰したがっている人なんて軽部さんぐらいしか浮かばないけどたぶん軽部さんでもないと思うので、とても気になります。

帝国重工が、佃煮製作所のロケットのバルブの進捗状況を娘に聞くのにイライラしました。

娘は全く関係ないのにと…けど最後にお母さんが労いの言葉をかけてくれていたので、ちょっと安心しました

ちこ:30代男性 評価★★★★★

ギアゴーストが損害賠償で訴えられてしまい、その15億円を佃製作所が出資することになりました。

普通に考えたら佃製作所のような町工場がそんな大金を出すなんてあり得ないことだと思います。

しかし、佃はギアゴーストの伊丹や島津の人柄や熱意にうたれて一緒に仕事がしたいと思い、出資を決意します。

佃と島津は専門分野は違いますがとても似ている考えを持っていると感じました。

これからも作り手の思いを重要視した物作りを続けて欲しいです。

たかは:30代女性 評価★★★★★

帝国重工があんなに佃製作所をばかにしていたのに、最後は困って泣きついてくる所が腹が立ちました。

ギアゴーストがつくっているトランスミッションがすばらしすぎるからケーマーシナリーに目を付けれたのかと思っていたのですが、

裏で手を引いてる人がいるみたいですね。

佐々木:30代女性 評価★★★★★

今回もおもしろかったでした。

航平さんのあつい思いが伝わってきてよかったです。島津さんがすごいってのもだんだん分かってきました。

そして、りなさんが、帝国重工の中でつらい立場にあっても、お父さんに何も言わずがまんしているのがけなげだなと思いました。

やっぱり神谷弁護士はすごかったです。無理じゃなくてちゃんと解決策をだすのだから。

でも、顧問弁護士が言わなかったのがちょっと不思議でした。

そして、伊丹さんがどうしても不気味に見えてしまうのはなぜでしょうか?

雰囲気だけかもしれないけど、なんか裏がありそうで怖いです

usako:30代女性 評価★★★★☆

佃製作所がコンペを勝ち取ったギアゴースト社が特許侵害の指摘を受けこのままでは倒産すると知った佃は、顧問弁護士・神谷に相談するが、ギアゴーストをタダ同然で買収できるビジネスチャンスだと提案される。

しかし、島津のエンジニアとしての夢を知り、純粋に助けようと全社を挙げて協力する。

度々ぶつかり合う両社社員だったが、島津の立場を超えたいいものを認める姿に真のエンジニアだと心を動かされる。

一方、帝国重工からの難題に行き詰っていたロケットバルブでは、島津が教えてくれた素材のおかげで耐久試験をついにクリアできた。

特許侵害の可能性がある部品を見つけ、全員が喜ぶが、詳細に調べたところ、特許侵害に当たらないとわかる。

ギアゴーストの高い技術と情熱を絶対に見捨ててはいけないと、佃製作所は15億円の出資を決める。

伊丹から15億を支払うと伝えられ、憤る中川だったが、ギアゴーストをつぶすことをあきらめてはいなかった。

のあ:40代女性 評価★★★★★

『下町ロケット2』第2話のSNSでのみんなの反応は?

『下町ロケット2』第2話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『下町ロケット2』第2話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『下町ロケット2』第2話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(10月28日20:59まで)なら、無料で『下町ロケット2』第2話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『下町ロケット2』第2話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『下町ロケット2』第2話の内容ネタバレと感想になります。

第3話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.