2018年秋ドラマ

ドラマ『SUITS/スーツ』第3話のネタバレと感想!大輔は仕事を任されるのか…

更新日:

月9ドラマ SUITS/スーツ

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年10月22日(月)にフジテレビで放送された『SUITS/スーツ』第3話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『SUITS/スーツ』第3話のみんなの感想を知りたい!」
「『SUITS/スーツ』第3話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『SUITS/スーツ』第3話の予告を見たときは、大輔が甲斐から仕事に関わらせてもらえなくて…って感じでどうなるか気になったよね!
スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』第3話のあらすじ内容

仕事が欲しいと話している大輔(中島裕翔さん)を蟹江(小手伸也さん)は総合格闘技の道場につれていきます。

蟹江は世界的に有名なゲームメーカー「BPM」のCEO藤ヶ谷(柳俊太郎さん)の顧問弁護士になるべく、ハーバード同期の大輔を利用しようと考えていました。

藤ヶ谷の開発したゲームの話で意気投合した大輔は、藤ヶ谷が「KAMIYA」を愛用していること知ります。

その頃、甲斐が顧問弁護士をつとめる有名時計メーカー「KAMIYA」では社長の死後、海外へ工場移転をしようと次期社長が画策していました。

社長の意向を尊重したい甲斐は、次期社長 安樂と追い出そうと計画を立てます。

外部の人間に新社長になってもらおうと探し回りますが、断られます。大輔は勤続年数が長い岡林工場長を推薦します。

困った甲斐は、安樂に直接交渉をしに行きますが、その席に蟹江がいて海外工場移転の話を話し合っています。

翌日 所長の幸村(鈴木保奈美さん)にクレームをいれると、安樂から「海外実績のある人を紹介してほしい」と言われた。

「社長の首をすりかえようなんて 越権行為だ」と言われてしまいます。

甲斐は取締役を二人増やして、7人に反対派を増やせば、勝ち目があるかもしれないと思いつきます。

そこで岡林工場長と営業部長の水谷を推薦し、株主総会で賛同を得ます。

翌朝 取締役会に挑む甲斐と大輔はが行くと、すでに会議が始まっていて新社長安樂が就任していました。

なんと10時からの会議だったのですが、9時から臨時の取締役会をひらいてクーデターを妨害したのでした。

事務所に戻り思案していると、所長に大輔が呼ばれます。

所長室には「BPM」のCEO藤ヶ谷がいて、蟹江に顧問弁護士を指名し、アシスタントに大輔を起用したいと話があります。

戸惑う大輔は廊下に藤ヶ谷を呼び出し、本当に蟹江でいいのか確かめます。

2人が話す様子を目撃した甲斐はあることを思い付きます。

翌日「KAMIYA」の会社会議に甲斐と大輔 岡林工場長の3人で乗り込んでいき、就業規則の「勤続35年以上の社員は取締役会に異議申し立てができる」という

規則を立てにとり、勤続35年の岡林と意義を申し立てます。

甲斐は、亡くなった社長の娘さんの代理人として、「KAMIYA」に「BPM」から買収のオファーがきていて、それを受けることを話します。

CEO藤ヶ谷が「KAMIYA」の愛用家であり、今まで通りの経営方針でやってくれるひとを新社長にしてほしいと希望している事を言い、

新社長に岡林がなることを話します。

『SUITS/スーツ』第3話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『SUITS/スーツ』第3話を視聴した方に感想を聞いてみました!

今回は甲斐が顧問弁護士を務める老舗時計会社の亡くなった社長との約束を守るために、勝てない弁護はしない甲斐が勝つために動いていたのが新鮮な感じがしました。

甲斐の人間らしい一面を見られた気がして嬉しかったです。

解決までの展開も一筋縄ではいかないところが面白くて最後の最後までどうなるのか展開が読めない分とても面白かったです。

蟹江さんの格闘技姿やピッチピチの服お腹が出ている姿も面白くて笑ってしまいました

あんぱん:30代女性 評価★★★★★

今回のミッションは社長の降格案件。

時計会社の社長が亡くなった際の人事で問題に。

そこで、鈴木先生(中島裕翔)がゲームで仲良くなった案件の人が手助けになるのですが、甲斐先生(織田裕二)は社長人事で上手くいかず、解雇になってしまいます。

そんな中、部下の鈴木先生が甲斐先生のピンチを救うところがスッキリすることと、2人の息が少しずつ合ってくることが気持ちよく感じていくようになって、観ていて次回が楽しみになりました

hy:30代男性 評価★★★★★

甲斐が老舗時計メーカーのKAMIYAの亡くなってしまった社長との約束を必死に守ろうとする展開が面白くもありましたが、甲斐がこだわった理由があまりわからなかったです。

弁護士として、お金儲けのためだけに、精一杯だったので、老舗時計メーカーをあういう形で守るのは、意外でした。

今回は、ゲームメーカーの社長が最終的に、絡んでくるんだなと初期の段階でわかったので、それはどうなんだろうと思いました。

大輔とのやり取りは、面白かったです

shiho:40代女性 評価★★★★☆

オシャレで上昇志向の高い甲斐が、意外にも現場の一番たたき上げの現場の人たちの意見を尊重しているというシナリオが、面白かったです。

一見すると、海外進出をもくろむ新社長に尻尾をふりそうな気がするのですが、「本当によいものを知る」ということなのでしょう。

同じように、新進気鋭のベンチャーのCEOが、自社製品とはいえゲーム成績で大輔を判断して信用したり、人材重視の会社に投資するというのも興味深かったです。

それにしても、ギリギリのところだったとはいえ、蟹江の負けっぷりがあまりにひどくて、少し可哀そうになりました

みっちりねこっこ:40代女性 評価★★★★★

大輔に秘書の玉井の「何をするのか決めるのは鈴木先生」が遠回しに分からせてくれた優しい言葉だと思いました。

甲斐の「KAMIYA」に対する思い入れが強いと思ったら娘の静佳との交流もあってのことだったんだと、謎が解けた感覚でした。

確かに会社の内情がどうであれ弁護士が新体制を企てるのはいけないとは思うも取締役の安樂のダークさも見えていたし、そのまま進むのも爽快だなと思ってましたが幸村チカに一杯食わされた感じでした。

甲斐の行動を見抜いてもいましたが代表らしい正当な筋を通してたと思います。何とも蟹江のあざとさに目を細めたくもありましたが。

でも大輔はそんな蟹江のおかげでゲームクリエーター、藤ヶ谷との繋がりが出来ていたのは感謝だったのかもと思いました。

蟹江をキモい発言した藤ヶ谷に笑ってしまいました。

買収は甲斐が持ち掛けた話なんですかね。

取締役会で藤ヶ谷の話をする時の大輔の蟹江に向けた目線が良かったです

黄昏妻:40代女性 評価★★★★☆

『SUITS/スーツ』第3話のSNSでのみんなの反応は?

『SUITS/スーツ』第3話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『SUITS/スーツ』第3話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『SUITS/スーツ』第3話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(10月29日19:44まで)なら、無料で『SUITS/スーツ』第3話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『SUITS/スーツ』第3話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『SUITS/スーツ』第3話の内容ネタバレと感想になります。

『SUITS/スーツ』3話放送前と放送後で蟹江の印象が変わったよね!第4話からも楽しみだね!

第4話からの展開にも注目していきましょう!

『SUITS/スーツ』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-,

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.