2018年秋ドラマ

『黄昏流星群』第2話のネタバレと感想!完治と栞の距離が段々と縮まっていく…

更新日:

黄昏流星群

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年10月18日(木)にフジテレビで放送された『黄昏流星群』第2話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『黄昏流星群』第2話のみんなの感想を知りたい!」
「『黄昏流星群』第2話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『黄昏流星群』第2話では完治と栞の距離が縮まっていくし、真璃子も春輝に惹かれて…!?
スポンサーリンク

 

『黄昏流星群』第2話のあらすじ内容

瀧沢完治は、出向予定の会社、荻野倉庫の食堂に行き、そこで働く目黒栞と偶然再会した。

そして先日、スイスの山で飛ばされた傘の代わりに新しい傘を送りたいからと言って栞の住所を聞く。栞は母の入居している老人ホームの住所を教える。

一方妻の瀧沢真璃子は、庭のバラで怪我をした時、突然若い男性に腕をつかまれ助けてもらいドギマギする。彼は、娘の美咲の婚約者、日野弁護士だった。

完治が銀行に出社すると、後任の支店長が来ており一緒に得意先回りをする事になったため、美咲との約束を守れなくなった。

実はその夜、美咲の婚約者と会う約束をしていたのである。家に帰ると、約束を守れなかった事を真璃子に責められる。

栞は、母のいる老人ホームで完治から送られてきた傘を受け取り素直に喜ぶ。

完治は頭取室へ行き、以前から打診されていた荻野倉庫への出向の話を承諾する旨を告げる。

その後、支店長室に行き、ちょうど秘書の篠田薫と居た時に栞から傘のお礼の電話がかかり、浮き浮きと応対する。そして栞に直接会ってお礼がしたいと言われ完治は舞い上がる。

家では、真璃子は美咲から、日野をどう思うか聞かれ、優しいいい人だと答える。

その後、大学の同級生、水原聡美から、完治の大学の同級生で有名なパティシエになっている須藤武史のレセプションパーティーが開かれる事を聞いた。

そこで真璃子は完治にパーティーに行こうと誘うが、完治は断り真璃子は諦める。

完治は、銀行で支店長として最後の挨拶を終えた。

その後自宅に会社からの荷物が届き、真璃子は、篠田薫という女性の名前が書かれたメッセージカードとネクタイピンを見つける。

その頃、完治は、栞と美術館に行った後、飲み屋でデート。栞は、父母の介護が長年続いたため今まで結婚しなかった事、自分の人生の意味を見つめ直しにスイスへ行った事を打ち明ける。

そして時々、隣に誰かに居て欲しい時があると打ち明けると完治は立候補する。

その頃、真璃子は大学の同級生、水原聡美と須藤のパーティーに行き須藤と再会し挨拶する。

やがて遅れて完治も来る。そこで、須藤は真璃子の居る前で、完治が支店長をしている事を褒める。

その後二人になった時、真璃子は、ネクタイピンのプレゼントの事を問い詰める。

完治は、関係ないと答えたが、真璃子は信用せず、そのまま聡美の家に帰り、完治は出向の事を話しそびれる。

聡美は、収入がある男の8割は浮気すると言い、真璃子の不安をあおる。

完治は、出向先の荻野倉庫で、新任の挨拶をする。

だが完治は、お昼休みに皆に声をかけても相手にされず、疎外感を覚える。そこで食堂に行くが、栞は休みだった。

その後、完治は携帯を忘れた事に気がつく。真璃子は家で完治の携帯を見つける。

何も知らない真璃子は、銀行に携帯を届けに行き、完治が出向した事をプレゼントの送り主、篠田薫から告げられる。

真璃子が夫の浮気相手では?と疑っている相手から出向の事を知らなかったのか聞かれ、相当なショックを受ける。

『黄昏流星群』第2話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『黄昏流星群』第2話を視聴した方に感想を聞いてみました!

完治は出向という人生の挫折の中で初恋をした少年になり、栞は母親の介護をする中で忘れていた恋を完治からプレゼントされた傘で思い出した少女のようになって、2人だけを見ていると淡い恋だなと感じてしまいます。

完治の妻の真璃子は浮気を疑い、携帯をを届けることで完治の左遷と浮気相手と思い込んでいる薫に会ってしまった事が、美咲の恋人との関係が近づいていってしまうようで、完治たちの家族がバラバラになっていくの徐々に迫って来ていると感じました

今はまだ淡い恋:30代男性 評価★★★★★

お互いを名乗った後の完治のテンパり具合が「そんなに?」と思うくらいのドツボにハマる感じでしたね。

栞からの電話に高揚している完治とそれを見張る秘書の薫がコミカルに描かれてました。そんな目線に気付く完治のシブい顔がまたおかしかったです。

居酒屋での栞の話は自分の人生の儚さがずっしり感じる話でした。

現実の重みを話す栞にしみじみと聞いてしまう、多分、年を重ねていくほど気持ちのわかる言葉だったと思います。

居酒屋の大将のさりげなさがまた良かったです。新しい職場は殺伐としてますね。見てるだけでも辛いです。

ボールにさわるだけでも拒否されるのだから来週からどんな感じ?と思ってしまいました。

それより完治もあのパーティーの場所でのカミングアウトもどうかな、と思ってしまいました。

春輝の最後のあの見つめられ方は恥ずかし過ぎます。

この2人が何か起きそうな予感はますます伝わってきました。

 

黄昏妻:40代女性 評価★★★★☆

瀧沢(佐々木)は、出向先の食堂で、目黒(黒木)と運命的な出会いする。

お互いに会った時から、惹かれあっていたように思います。

瀧沢の恋をした男性のように会うと嬉しい気持ちになったり、会いたい!と思う気持ちが伝わる感じでした。

そして、瀧沢の妻(中山)は、仕事一筋で、家庭に興味のない夫に対する不満があったり、不倫を疑ったりしているので、娘の恋人日野(藤井)に優しくされて、気持ちが揺れ動き始めたようでした

たま:40代女性 評価★★★★☆

栞と再会した完治のあの嬉しそうな顔ときたら、家族には見せない表情で少し切なくなりました。

栞も満更じゃない様子だし、やっぱり女性は好意を持たれると嬉しくなってしまいますよね。

一方で真璃子は完治の浮気を疑いながらも言いたいことを言えずに悶々としているし、今まで何も言わずにやり過ごしてきたから今更言いづらく気持ちもわかります。

でも、完治が左遷されたことを人伝に知らされるのは本人から聞かされるよりもショックだっただろうなと思います

あんころもち:30代女性 評価★★★★☆

完治は栞と運命的な再会をして気持ちがどんどん高鳴っていきます。

栞も初めは完治のことを避けていましたが、完治の気持ちを知って次第に心を許して行きました。

栞はずっと親の介護をしていて自分の人生を後回しにしていてとても苦労してきたことがわかりました。

認知症の母親の介護で辛い時に完治に出会って救われたのだと思います。

完治も出向を命じられて落ち込んでいましたが、栞に会うことで癒されているのだと思います。

一方、真璃子も娘の婚約者である春輝にときめきを感じてしまいます。

完治の浮気のこともあって春輝に救いを求めているようでした。

春輝もまんざらではない様子でこれからの展開が気になります。

たかは:30代女性 評価★★★★☆

『黄昏流星群』第2話のSNSでのみんなの反応は?

『黄昏流星群』第2話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『黄昏流星群』第2話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『黄昏流星群』第2話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(10月25日20:44まで)なら、無料で『黄昏流星群』第2話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『黄昏流星群』第2話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『黄昏流星群』第2話の内容ネタバレと感想になります。

『黄昏流星群』2話を見ていると、このままでは家族がバラバラになるのでは…とちょっと心配になるね!

第3話からの展開にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.